バーベキューのマナーについて

バーベキューを楽しむためには、周りの人に迷惑をかけない。
これがとっても重要です。そのためにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

バーベキューが可能な場所を探す

bbq_004一番気をつけなくてはいけないのがバーベキューをする場所。
バーベキューはどこで行ってもいいというわけではなく、禁止されている場所のほうが多いのです。
その理由は、騒音、ゴミの不法投棄や違法駐車など、近隣の住人に迷惑となることが後を絶たないからです。
近所だからと言って、河川敷や公園で勝手に火を使うのはルール違反です。ガイドブックやインターネットを利用して、バーベキューが出来る場所を探してから出発しましょう。

バーベキューが可能な場所というのはほとんどが管理の行き届いた公園やキャンプ場などのレジャー施設でしょう。こういった施設で使用料を払っているからと言って、汚したまま帰ったりするのはいけません。
自分たちで出来る片付けはきちんと行って、「来たときよりもキレイにして帰る」のが鉄則です。
最後まで気持ちよく終わりたいものです。

後片付けについて

bbq_006大好きな自然を守るためにも、予めバーベキューにはゴミを持ち込まないことが大切です。
食材などは家で下ごしらえをし、その際に余分なゴミ(食材のトレイや包装紙など)は捨ててくるといいでしょう。
食器やコップも使い捨てではなく、洗って何度も使えるものの方が雰囲気も出てゴミも減らすことが出来、一石二鳥です。

また、意外に知られていないのが炭の処理方法。
もともと木からできているのだからと、その辺に放置するのは絶対にいけません。
まず、火の元が心配です。木炭は火が消えきったかどうかの判断がつきにくく、火事の恐れがあります。また、木炭は自然分解されにくく、土に返るまで長い年月がかかります。
バーベキュー使用後は、水か消し壷で完全に消火し、家庭ごみと同様にして捨てるのが一般的です。バーベキュー施設などで引き取ってもらえない場合は、自宅に持ち帰って自治体の指示に従って捨てましょう。
また、家庭菜園などをお持ちの方は、肥料として蒔くということも出来るそうですよ。

 

お支払&配達方法

ページ上部へ