肉食ダイエットQ&A

Q&Aここでは、肉食ダイエットに寄せられる質問とその答えを見ながら、肉食ダイエットの具体的な方法を見てみましょう。

具体的なやり方

Q:肉食ダイエットとは何ですか?

A:牛・豚・鶏・魚・卵などの動物性たんぱく質を多く食べてご飯・パンなどの炭水化物を減ら   し、食事で摂取する糖質の量を減らすことによって痩せていくと言うダイエット方法です。

Q:ご飯はどれくらい減らすの?

A:よくある勘違いは糖質を全くとらないと言うものですが、それでは人間は生きていけません。  それを長く続ければ、極端なことをいえば死んでしまいます。糖質は頭を働かせたり、体を動か  したりする際のエネルギー源になります。そのため、ご飯の量はいつも食べている量の半分にす   ると意識しましょう。それだけで主食から摂取する糖質の量は半分になり、確実に減らすことが  できます。

Q:肉以外には何が食べられる?

A:色々なものが食べられます。魚、大豆、糖質が少ない野菜であり、糖質が少ない調味料で調理  することができます。お酒も糖質が含まれていない蒸留酒(ウイスキー、ウォッカ、焼酎、テ   キーラなど)ならば問題ありません。

Q:糖質が少ない野菜って?

A:葉野菜、ブロッコリー、パプリカ、パセリです。よく「野菜には糖質が含まれているので添え  物程度にしましょう」などとする情報がありますが、それでは便秘になってしまい、血もドロド  ロになってしまいます。焼肉を葉野菜に巻いて食べるなどは特に良い食べ方です。

  糖質が多い野菜を避ければ大丈夫です。具体的には、ジャガイモ、サツマイモ、山芋、サトイモ  などのイモ類は特によくありません。また、果物も果糖がたくさん含まれているため、太る原因  となります。

Q:糖質が少ない調味料は何?

A:オリーブオイル、ごま油、コショウ、塩、酢、マヨネーズ、トウガラシなどが糖質が少ない調  味料です。逆に、糖質が多い調味料はドレッシング、ケチャップ、みりん、オイスターソースな  どです。

Q:乳製品はどう?

A:乳製品は確かに動物性たんぱく質ですが、おすすめできない食材です。なぜならば、乳糖とい  う糖分をたくさん含んでいるからです。牛乳、ヨーグルト、バター、チーズなどはできるだけ避  けましょう。しかし、ヨーグルトを食べることは体内に善玉菌を取り込むと言うことであり、少  量のヨーグルトを食べることは悪くありません。善玉菌を取り込んで腸内環境を整えることは、  肉食ダイエットを行っている時に陥りやすい便秘や下痢の症状の防止にもつながります。

 

お支払&配達方法

ページ上部へ