お肉を選んで食べよう

お肉の種類肉食ダイエットとは、肉を食べてダイエットすると言う肉好きにはたまらないダイエット法ですが、肉を食べて痩せられると聞けば半信半疑似なる人もいることでしょう。確かに、焼肉を食べ、「白ご飯がおいしい!」とばかりにお米を食べすぎたならば無意味です。肉食ダイエットは、ご飯を減らすことによって糖質を制限し、その代わりに肉を食べるダイエットだからです。太る原因の大本は糖質にあるため、それさえきちんと制限できればお肉をたくさん食べることでダイエットができます。

肉は肉でも糖質・脂肪分の少ない肉を

肉食ダイエットの本質は、糖質をたんぱく質に置き換えることです。したがって、肉食ダイエットといえば牛肉・豚肉・鶏肉が思い浮かぶことでしょうが、ラム肉・鹿肉・猪肉・馬肉・魚肉・卵など、色々なもので置き換えることができます。このうち脂肪分が多いものはカロリーが高くなってしまうためおすすめではありませんが、それ以外の肉ならばお腹いっぱい食べても大丈夫です。特に鳥の胸・モモ・ささみなどの糖質がゼロの部分ならば、どれだけ食べても全く太ることはありません。

もちろん、その他の肉もおすすめです。糖質が含まれる場合もありますがごく微量であり、筋肉の原料となって代謝アップにつながります。特に、赤身肉には脂肪の燃焼を促すL-カルニチンが豊富に含まれるため、痩せるために大いに役立ちます。実は、肉は食べたほうがやせやすいんです。肉は、筋肉の材料となるたんぱく質源。とると筋肉がつきやすくなり、代謝アップにつながります。特に赤身肉には、脂肪燃焼を促すL︲カルニチンも豊富。また、肉を食べると体が熱くなる感じがしますが、これは消化するのに多くのエネルギーを消費するから。つまり代謝がアップするのです。

具体的にはこんなお肉がおすすめ!

具体的には、こんなお肉がお勧めです。

●モモ肉・・・・・脂肪分が少なく、食べごたえもある。

●ヒレ肉・・・・・少し高いものの脂身が少なく、柔らかくておいしい。おいしさは脳に幸福感を         生みだし、ストレス緩和につながるためダイエットの継続に役立つ。

●鳥のささみ・・・脂肪分が少なく、ほぼたんぱく質の塊。

このほか、脂肪分が少ない肉なら大抵OKと捉えてください。そのため、ひき肉は脂肪分が多いことからおすすめできません。ダイエット期間中はハンバーグは禁止ですね。ちなみに、栄養学的には成人男性は140g、成人女性は100gの肉や魚を食べ、その他に卵を1個、乳製品を250~300g、大豆製品を80g撮ることを推奨されています。

 

お支払&配達方法

ページ上部へ