肉食ダイエットとは?

お肉を食べる人間が太る理由を考えたことがあるでしょうか。太る原因の大きなものの一つに「糖質」があります。余分な糖質を摂取することによって体に脂肪が蓄積された状態を指して「太っている」と言うのです。もちろん、エネルギーとして働く糖質は人間の体に必要不可欠なものです。しかし、摂取しすぎることは太る原因となります。

そこで、最近お肉に注目が集まっています。糖質を多く含むご飯やパンの量を減らし、肉に置き換えることによって、糖質を減らしていくのです。こうすることによって体内に取り入れる糖質を確実に減らすことができ、体脂肪を減らしていくことができます。体脂肪が減ると、体の代謝は高まり、脂肪が燃焼しやすい体になります。その結果、痩せることができるのです。 これまで、肉を食べると太ると思われていたのですが、実は糖質を減らすための最適な食材であるとして注目を浴びているのです。

肉食ダイエットのメリット

肉食ダイエットのメリットは、上述の通り炭水化物を肉に置き換えることによって、糖質を減らすことができると言うことです。この他にも、ダイエットをしたい一心で肉を食べることを我慢している人もいるかもしれませんが、肉を食べられないことをストレスに感じてしまうと思ったようにダイエットが続かなかったり、ストレス解消のために甘いものが食べたくなってしまい、逆効果になることもあります。つまり、肉食ダイエットによって肉が自由に食べられる環境を作ることによって、ストレスが少なく取り組むことができ、無理なく糖質を減らすことができるのです。

肉食ダイエットのルール

しかし、肉食ダイエットにもルールがあります。ルールを破って取り組めばいくら肉を食べても痩せることはできず、肉食ダイエットが太る原因となってしまいます。最も大切なことは、あくまでも「糖質を減らすこと」であると認識しましょう。そのためには、炭水化物の量を減らし、野菜も(糖質を含むため)大量に食べることを避け、果物も果糖が含まれるのでたくさん食べることはおすすめできません。肉は脂肪分の少ないものを選びます。

肉食ダイエットは「獣肉を食べる」ことであると思いがちですが、本質的には「炭水化物をたんぱく質に置き換える」事であるため、魚の肉もおすすめです。したがって、白身魚や鶏肉などの脂肪分の少ない肉はとてもお勧めです。また、豚バラなどでも脂肪部分が簡単に取り除けるものならば、脂肪分を取り除いて食べればOKです。

 

お支払&配達方法

ページ上部へ