焼肉を食べて痩せよう

焼肉肉食ダイエットで特におすすめの食べ方は、ズバリ「焼肉」です。焼肉と言うと太るイメージがあるかもしれませんが、それは、焼肉の際にご飯を食べすぎてしまったり、ビールを飲み過ぎてしまうからこそ太ってしまうのです。焼肉だとお肉を焼くため余分な脂が落とせます。ご飯の量を減らしてビールもほどほどにして、お肉を食べることを意識すれば、焼肉で肉食ダイエットはお勧めです。

韓国式焼肉のすすめ

焼肉としてお肉を食べる時、特によいのは韓国式の食べ方です。韓国式は日本式とは異なり、最初にキムチやナムルといった野菜がたくさん運ばれてきて、それを食べながら肉を食べます。また、肉を食べる時はサンチュやゴマの葉に巻いて食べます。糖質が多い野菜ならば問題がありますが、葉もの野菜は総じて糖質が低いものです。

そんな葉もの野菜にはビタミン、ミネラル、食物繊維がたくさん含まれており、代謝サイクルを向上させてくれる働きがあります。代謝サイクルがスムーズになると、血行促進や便秘解消にもつながります。肉食ダイエットを行うと、肉の食べすぎから欠陥の病気のリスクが高まったり、便秘・下痢の心配が出てくることもあるのですが、野菜と一緒に食べることでその不安が軽減されます。また、便秘を解消することによってくびれたお腹を手に入れることもできます。

なぜビールは太る?

焼肉の時にはビールをグビーッと飲むことが楽しみと言う人は非常に多いものですが、肉食ダイエットをしているときは糖質制限が必要なため、ビールはおすすめできません。日本で販売されているビールの糖質を見てみると、どれも350ml中に10gほどの糖質を含んでいるからです。また、焼肉とビールは非常によく合うため、酔いの影響もあってついつい飲み過ぎてしまい、その結果糖質を摂りすぎてしまうと言うことも珍しくないのです。

しかし、糖質ゼロとしている発泡酒や第3のビールならば問題ありません。糖質は本当に0gであるため、いくら飲んでもビールが原因でダイエットの妨げになると言うことがないのです。ただし、糖質がゼロであってもプリン体が含まれている発泡酒や第3のビールはたくさんあるため、尿酸値が高い人は注意が必要です。この他、焼酎、ウォッカ、テキーラ、ウイスキーといった蒸留酒は糖質が含まれていないため、焼肉の際にはハイボールを飲むのもいいでしょう。

 

お支払&配達方法

ページ上部へ