亀山社中焼肉市場の新着情報

歴史に名高い亀山社中とは

坂本龍馬と亀山社中

幕末には、様々な人物が輩出され活躍しました。西郷隆盛、大久保利通、高杉晋作、桂小五郎、勝海舟、近藤勇・・・挙げていけばそれこそキリがありませんし、人それぞれイチオシの人物がいることでしょう。

しかし、そのような英雄たちの中でも、圧倒的支持を受ける人物と言えば、土佐藩出身の坂本龍馬です。司馬遼太郎の『竜馬がゆく』などの書籍によって龍馬の足跡が知られますが、およそ幕末の特定の人物を取り上げた小説の中でも、『竜馬がゆく』の右に出るものはないだろう、そう評価する評論家も少なくありません。

さて、坂本龍馬の功績は様々ですが、よく言われるのが「薩長連合の仲介」と「亀山社中の設立」です。薩長連合については、すでにご存じの人も多いと思います。もともと、薩摩藩と長州藩は犬猿の仲でした。というのも、長州藩が帝を担ぐために京都御所に攻め込んだ時、守備に当った薩摩藩が激しく抵抗し、この戦争で長州藩の指導者が多数戦死したからです。これによって、長州藩内には「薩摩憎し」と考える人が非常に多かったのです。

しかし、西日本において有力な藩と言えば、まず薩摩藩と長州藩が挙げられますから、倒幕のためにはこの両藩が手を取り合わなければならないと、龍馬は考えました。そこで、龍馬は長州藩の指導者である桂小五郎と、薩摩藩の指導者である西郷隆盛を説き伏せて、長州藩と薩摩藩に手を結ばせたのでした。

亀山社中の役割

薩長同盟の意義は比較的よく知られていますが、亀山社中の設立がどうじに評価を受けているのは、どういったわけなのでしょうか。

それは、亀山社中という組織が、日本発の商社であり、それまでの日本における規格から大きく外れた、画期的な組織だったからです。実際に海外と貿易もしていますし、この組織によって薩摩藩や長州藩を援護することで、倒幕の力となりました。

はじめ亀山社中は、亀山焼関連の家屋を借り受けて起こされました。それがやがて、かの有名な海援隊となります。その足跡は、長崎市にある亀山社中記念館において、詳しく知ることができます。

現代とは比べ物にならないほど、考え方が堅い閉鎖的な社会の中で、龍馬は起業したのです。その起業家精神というものは、現代の起業を目指す若者たちの参考になるものでもあります。これが、龍馬が歴史愛好家だけではなく、広く愛される理由なのでしょう。

お支払&配達方法

ページ上部へ