亀山社中焼肉市場の新着情報

亀山社中記念館について

長崎の亀山社中記念館

長崎県長崎市の伊良林という地に、亀山社中記念館があります。これは、幕末の志士である坂本龍馬が、日本発の商社として起こした亀山社中の歴史を伝える記念館です。

もともと長崎には、亀山焼という陶器がありました。1865年には亀山焼は一旦途絶えてしまったのですが、それ以降も亀山焼の再興を目指した一族がありました。龍馬たちは、亀山焼関連の家屋を借りて亀山社中を起こしたとされています。

亀山社中記念館は、亀山社中跡を長崎市が整備して公開しています。この建物は、大正9年まで亀山焼の再興を目指した一族が所有していたものです。幕末当時の長崎地図を見てみると、亀山地方の一帯には、この建物以外にはほとんど建物がなかったため、亀山社中があった建物の特定が容易であり、それが現在の亀山社中跡となっています。

亀山社中跡には、10畳・8畳・3畳の部屋と土間があり、土間の北側に玄関があるという間取りになっています。この空間で、龍馬が幕末に奔走したことが分かる複数の書簡やいかに先進的な人物であったかをうかがわせるブーツやピストルなどが展示されています。

亀山社中記念館の周辺

長崎市内には、亀山社中記念館を含め、様々な観光スポットがあります。それらを少し紹介してみましょう。

・龍馬通り

亀山社中跡から風頭公園に至る坂道は、「龍馬通り」と呼ばれています。龍馬をはじめとした亀山社中の人々も、この坂道を上り下りしたのでしょう。亀山社中の歴史に思いを馳せながら、多くの観光客が歩いています。

・風頭公園

長崎港を見下ろす風頭山に、風頭公園があります。春の桜と夏のアジサイによって、花の名所としても知られています。風頭公園には、龍馬の銅像が建てられているため、ファンが必ず訪れる公園でもあります。なお、風頭公園からは長崎市内が一望され、その景色が非常にきれいであることから、風頭公園から見る夜景は、平成24年10月に世界新三大夜景に認定されました。

龍馬ゆかりの観光名所といえば、亀山社中記念館、龍馬通り、風頭公園の三つが有名です。長崎に行く機会があれば、ぜひともこれらのスポットを訪ねてみたいものです。もっとも、長崎市内にはほかにも様々な観光スポットがあり、グルメも中華料理、長崎ちゃんぽん、皿うどんなど、ぜひ食べておきたいものがたくさんあります。

お支払&配達方法

ページ上部へ