亀山社中焼肉市場の新着情報

焼肉タレの自家製最高レシピ

焼肉のタレには、さまざまな材料が組み合わさっています。人気のレシピが気になりますよね。食欲をそそるにんにく、奥深い味わいの醤油、酸味や甘みを引き出す果物など、焼肉のタレだけでひとつの料理ともいえます。

肉のうまさを引き出す焼肉のタレのレシピ

専門店には、門外不出のタレがあります。長年、つぎ足してきた伝統が、味の深さになっています。焼肉店にはそれぞれ趣向を凝らした独自のタレがあります。もちろん、レシピや作り方は企業秘密です。焼肉店は肉質のクオリティーに加え、タレの味が他店との大きな差別化になるからです。焼肉の専門店に少しでも近づける、自家製の定番おすすめ醤油ダレのレシピを考えてみました。

【醤油のつけダレ】

▽材料

・醤油120CC・酒120CC・みりん大さじ2杯・砂糖50g(大さじ4杯分相当)・コショウ少々・レモン汁小さじ1杯

これ以外に、すりおろした玉ねぎ、すりおろしたリンゴ、にんにく、しょうがを加えても風味が増します。

▽作り方

1.レモン汁以外の全ての材料を入れて、よくかきまぜます

2.沸騰したら弱火で4~5分程度煮て、酒のアルコール分を飛ばします

3.火を止めて、指でタレに触ってみて温かいと感じる程度まで冷まします

4.最後にレモン汁を入れてかき混ぜて出来上がりです

醤油のつけダレは、あらかじめ肉につけておく、もみダレとしても使えます。牛肉とカットした玉ねぎに、醤油つけダレを絡めて焼くと、焼肉丼にもなります。自家製の焼肉のタレをつくると、料理の献立のレパートリーが広がりますよね。

自家製の焼肉タレは自分好みに作れるのが大きなメリット

市販の焼肉のタレのレベルもかなり高いです。しかし、自家製のタレの最大のおすすめは、好みの味にできることです。醤油つけダレのレシピをペースにするだけで、複数のレパートリーができます。特に小さな子どもがいるご家庭では、手作りの焼肉ダレの方が安心・安全です。大人用に辛みのある調味料を加えて調整することもできます。自家製焼肉ダレのちょい足し材料を以下に挙げます。

▽辛み系

・一味・豆板醤・コチュジャン・鷹の爪

▽酸味・さっぱり系

・すりおろし玉ねぎ・すりおろしリンゴ・ショウガのしぼり汁・赤ワイン

ベースの醤油ダレを作っておけば、味の方向性はたくさん出てきます。ちょい足し材料を好みで別皿に加えて用意すれば、いろいろな味のバリエーションを楽しめます。焼肉のタレは、肉の味を変幻自在にする調味料なのです。

お支払&配達方法

ページ上部へ