珍しい部位

珍しい部位牛肉の部位についてご紹介します。
その中でも珍しい部位にあたるランプやシンタマ、ツラミなどをご紹介します。

名前が珍しい部位

ランプ

ランプは腰からお尻にかけての大きな赤身の部位です。モモ肉の中では特に柔らかく、旨味もある部分です。赤身であるものの適度の霜降りも含んでおり、様々な料理に利用することができます。しゃぶしゃぶ、すき焼き、ステーキ、ローストビーフなどです。 ちなみにランプはランイチとも呼び、厳密に言うならば下側の部分をイチボとよび、それを除いた残りの部分のことをランプ肉といいます。

マル

マルとは、内モモの下にある、球形をした赤身部分です。マルという名前も丸い形状に由来するものであり、シンタマとも呼びます。赤身肉です。 丸ごとスライスすればしゃぶしゃぶやすき焼きに適しています。そのほか焼肉、ソテー、カレー・シチューなどの煮込み料理にすることもできます。 細かく分けるとマルシン、マルカメ、マルカワ、ヒウチと分けることができ、子の中でもヒウチは特においしい部分です。

モモ

内モモ

モモには内モモと外モモとがあります。 内モモは後ろ足の付け根の内側に当たる部分です。牛肉の中でも最も脂身が少ない部位であり、カロリーを抑えたい場合や、脂が重く感じられる人、お年寄りなどにとってはあっさりとした味わいで食べやすい部分です。  通常、牛肉の赤身といえば内モモ肉のことを指します。内モモは柔らかい赤身であり、ビーフカツ、タタキ、刺身、カルパッチョ、ローストビーフなどに適しています。

外モモ

外モモは後ろ足の付け根の外側に当たる部分です。内モモに比べて随分のキメが粗く、固い部位であり、脂肪分が少ないです。「マクラ」と呼ばれるのはこの外モモのことであり、味が非常に濃いのが特徴です。焼いて食べることも可能ですが、味の濃さとすこし固めであることから、カレーやシチューといった煮込み料理に適しています。 ちなみに、コンビーフの材料になっているのは外モモです。

珍しい部位

ツラミ

珍しい部分といえばツラミです。牛のこめかみと頬にあたる部位であり、脂身が適度で味わい深いお肉です。こめかみと頬の部分は限られるため、1頭から少ししか取ることができません。あまり置いている店が無いので、みつけたら是非味わってみたいお肉です。

 

お支払&配達方法

ページ上部へ