牛肉の部位(肩バラ・トモバラ・サーロイン)

部位(肩バラ・トモバラ・サーロイン)牛肉の部位についてご紹介します。
その中で色々な部分に分かれるバラ肉をご紹介します。

さまざまな部位に分かれる“バラ”

前バラ

前バラは、肩バラ、ブリスケとも呼ばれます。前足の内側および胸に当たる部位であり、三角バラは前バラに含まれます。 牛が歩くときには常にこの部分が動くため、筋肉質であり肉質はやや固めです。適度にサシの入った赤身であり、薄くスライスにしてカルビとして焼いて食べるのに向いています。厚く切ってサイコロ上にすれば煮込み料理にも適します。

三角バラ

前バラのうち、第1~6肋骨の部位を三角形に切り取ったのが三角バラです。極上カルビといわれるのはこの部位に当たります。サシが入りやすく、バラの中で最もおいしい部位です。また、三角バラは1頭の牛から2枚しかとることができないため、とても貴重な部位でもあります。焼肉店で最もおいしいのはこの三角バラです。

友バラ

友バラは、アバラ骨に付いたお肉のうち、腹の下側の肉です。中バラに比べて赤身が多く、焼肉として利用するのに適しています。数あるなかで最も“焼肉らしい”味わいを盛っており、焼肉の醍醐味としてバラ好きの人から熱烈な支持を得ています。カルビとして提供され、脂の旨味、深いコクを味わう事ができます。 また、モモの付け根側に当たる部位は笹肉といい、これも焼いて食べられます。

中バラ

中バラはアバラ骨についた肉のうち、腹の上側の肉のことです。赤身と脂肪分が層状になって重なっているのが特徴であり、三枚肉とも呼ばれます。友バラとは違って煮込み料理や炒め物に適しています。 また、モモの付け根側に当たる部位はカイノミといい、高価な焼肉用の肉として取り扱われます。

ステーキといえば・・・

サーロインはリブロースに続く背中の肉です。牛肉の中でも最高部位であるため、敬称として「サー」という言葉が冠されました。ステーキ用の肉として最も有名なのはサーロインです。 肉質がきめ細かであり、霜降りが多いことから味わい深い部位です。厚切りにしてステーキに用いるのが王道ですが、薄切りにすることでしゃぶしゃぶやすき焼きに用いる事もできます。

 

お支払&配達方法

ページ上部へ