お肉をおいしく焼くコツ

お肉をおいしく焼くコツお店に頻繁に行くという人は少ないでしょうから、焼肉を食べに行ったときにはよりおいしく食べられるように、自宅でおいしく焼くコツを知っておくといいでしょう。

お肉の下準備

お肉は最初、冷蔵庫で冷やされていたり、冷凍されたりしている事と思います。こんなときはまず外気にさらし、室温になじませて常温に戻しましょう。こうする事によって焼き加減を均等にする事ができます。

また、買ってきたお肉はそのまま焼くのではなく、肉にごま油とすったニンニクを揉み込んでおくことによって、風味が非常に香ばしくなり、お店の焼肉のような味にすることが出来ます。

もし安いお肉しか手に入れることができず、肉の硬さが気になるという場合は、パイナップルと一緒に漬け込んでおきましょう。パイナップルにはたんぱく質の分解酵素が含まれているため、驚くほど柔らかいお肉にすることができます。

焼くときのポイント!

カルビやタンなどの薄いお肉を焼くときは、両端から丸まってくる事と思います。そのため、焼き加減がバラバラになってしまいます。これを防ぐためには、両端を箸で押さえることによって丸くなるのを防ぎ、均等に焼けるようにしましょう。

押さえるときには強く押さえすぎてはいけません。肉汁が落ち、おいしさが減ってしまいます。良い肉であればあるほど、口に入れたときに肉汁があふれる事によって肉の香りを存分に楽しむことが出来るものです。

調理器具について

焼くための調理器具としては、七輪などの網を用いた調理器具を用いる事ができるならば、それが最もいいでしょう。しかしお店ならば当然網で焼くことができますが、自宅で焼肉をするならばホットプレートが一般的になると思います。

ホットプレートで焼くときは、スリットのはいっているものが最もオススメです。スリットのくぼみに適度に脂が落ちるので、おいしく焼くことができます。もし平らなホットプレートしかない場合には、くしゃくしゃにしたアルミホイルをホットプレートの上に乗せて焼くといいでしょう。アルミホイルにできたシワがスリットの役目を果たし、おいしく焼けるようになります。

 

お支払&配達方法

ページ上部へ