肉の量・目安の判断の仕方

お肉の量お肉を食べるとき、特に自宅で焼肉をするときにはどれくらいが適量か迷う事も多いと思います。お肉の適切な量は、年齢や性別、お酒を飲むかどうかなどによっても変わってくるでしょう。

適量が分かりにくい

適量を買うことができればベストですが、分からなければ多目に買うといいでしょう。足りないのは気分的によいものではありません。余ったものは後日料理に使用できますし、足りないよりはずっとマシです。

1人前の目安

1人前の適量は、約300gが標準的な目安の量でしょう。年齢や食欲にあわせて±100gで増減すればいいと思います。お酒を飲みながら食べるとして、女性ならば250g、男性ならば350gくらいが適量です。

また、肉ばかりではなく野菜やソーセージも混ぜるといいでしょう。ざっくりと切ったキャベツを氷水につけ、塩やもろみ味噌でたべると口の中がさっぱりしますし、胃もたれを防ぐ効果にもあります。口をさっぱりとさせるという意味では漬物なども用意しておくといいでしょう。

肉の種類は好みで買うのがいいですが、良いとされるのは肉:ホルモン系=8:2にすることです。食べ始めは肉系を空腹に任せてどんどん食べます。そして後半になると多くの人が飲みに入るため、ホルモン系を食べながらゆっくりと飲むのがオススメです。

食べ方のポイント

前半戦の肉を食べる途中にあると喜ばれるのがおにぎりです。焼きおにぎりにして食べてもおいしいですし、ご飯がないと肉が食べられないという人にも重宝がられます。おにぎりは満腹感を大きくするため肉代を安上がりにする事もできます。

また、ホルモン系での注意はレバーを買い過ぎないことです。安くて栄養価も高いので食べたい気持ちもわかりますが、レバーを苦手とする人も多いため、買い過ぎると余ってしまいます。

まとめ

結局のところ、焼肉において適量や目安を設けることは難しいといえます。お酒を飲むかどうか、肉を食べるときにご飯は食べたいか、野菜や加工肉はどの程度準備するのか、などによって増減するためです。一応の基準として300g前後とすることができますが、これは個人の裁量によって適宜調節していく必要があります。

 

お支払&配達方法

ページ上部へ